アメリカ人のおっさんとアツカン勝負。そして日本人が英語を話せない本当の理由。

当家がマレーシアに旅立つ前の正月明け。アメリカ人の旧友と東京で飲みました。

このおっさんは、ただのハゲオヤジではありませんで、NYの巨大美術館『MoMA』で修復部門の偉い人をやっています。交友関係が、超一流の建築家やデザイナーばかりなので、わたしのようなフツーの仕事人には用がないお方ではございますが、なにせ私が家具作りをカリフォルニアで勉強していた頃から、20年以上の付き合い。

この二人ですが、10年前にも御徒町であれこれチャンポンで飲みまくり、私は記憶がすっとび、彼は冷たくなった風呂の中で眼が覚めたという実績がございますが、さすがに少しは人生経験豊富になりましたので、そのあたりは心得ております。

飲み放題開始後30分。この日の最低気温は0度だったもので、「寒いからとっとと熱燗で温まろうぜ!」ということで日米合意。ニューヨーカーは「アツカン」くらいの言葉は余裕で知っているので驚きますね。このひとは、前世は日本人だったと、自他ともに認めているので、分野によっては私よりはるかに詳しいのです。

その日本マニアですが、時差ボケで眠れず、鼻ズーズーというベストコンディションだったんですが、にもかかわらず、ま〜よく喋りますね、アメリカ人は!

ネイティブの英語スピーカーが相手だと、そこそこ話せるわたしでもプチ緊張するものですが、酒が入るとプライドがシャットダウンするので饒舌に。熱燗パワー。

何を考えているのかさっぱりわからん!と世界的に名高い、礼儀正しき日本人も、酔っ払うと口と脳みそが直結するので、一歩アメリカ人に近づきます。それでも、相手がニューヨーカーともなりますと、勝負するまでもなく「大人しい日本人」ですが・・・。

ところで、アメリカの皆さまが沢山お話しになるのは、おしゃべりだからではありませんで、実はコミュニケーションの仕方の違いです。そうせざるを得ない理由がある。

日本人ですと、頭で考えていることの中から厳選して「3割」くらいを口に出すイメージですが、アメリカ人はその率が「8割」にも達するかんじとお考えください。選別せずにほとんど喋ってしまいます。したがって、量こそ話しますが、内容は2倍以上薄くて、スカスカ。それを言ったらお友達終了してしまうネタ以外は、どんどん口に出す。

彼らは、正しいことを言おうとは考えていないようで、喋ってしまってから間違っていればお互いにツッコミを入れまくりますし、相手の反応によってはフォロー発言したりという流れ。語学的な精度よりも、伝えることの精度が重視です。

というのも、アメリカ国は、あまりにも価値観が天と地ほども違う人達ばかりなので、口に出してしまわないと相手が何を考えているのかわからないわけです。たくさん喋ってコミュニケーションの精度を上げている。日本人どうしだと、まあ、お互い好きなものは似たようなものですし、5割くらいは伝える必要が無いという前提がある。すごく楽ですね。ところが、アメリカ人となりますと、肉を食う人かもわからないし、向かいで熱燗をペロペロ舐めている彼のようにゲイも多いので、会話の大前提が、最初っから崩壊しちゃってるわけです。お互いバンバンしゃべって、さぐりを入れるしかない、とでも申しましょうか。

日本人思考の自分は、できるだけすくない言葉数で、びしっと一発で決めよう!とか考えてしまうわけですが、そんなことを狙ってオタオタしているうちに、会話はどんどんアメリカ人のペースで先に進んでしまい、電車に乗り遅れてしまう。

日本人が英語が下手くそだと言われるのは、言語的な話ではなく、この会話の仕方の違いではないかと思っています。いくつかある大きな理由のひとつ。いくら「英語」を勉強しても、話せるようにならない原因かと。

酒もまわってきましたところで、ついでにご紹介ですが、この酒場は、100種の酒が100分間・1000円でセルフサービス飲み放題でして、四ツ谷では知る人ぞ知る人気店「ウシカイ」。この界隈にオシャレ飲み屋を展開する会社がやっている、ボロい居酒屋ですが、飯も安くて美味いので、よく海外から来た友人を連れて行きます。

セルフをおもしろがって、アツカンコーナーへ何度も何度も汲みに行っていた旧友ですが、時差ボケかつ風邪気味で酔っぱらいすぎたようで、ついにギブアップを頂戴しました。

会話では勝てっこない勝負でしたが、酒では私が勝ってしまったもようでございますよ。

南国の薄暗い小部屋に幽閉され、不覚にも、仕事がはかどってしまうお父さん。

マレーシアのコンドミニアムは、3LDKくらいの間取りですと、そのうち1つは謎の小部屋になっています。

これは住み込みのメイドさんのための部屋で、日本だったら物置部屋のような感じでしょうか。メイドさん仕様だとわかるのは、小さな専用トイレとシャワーもすぐ隣についている点。

いま借りている物件では、広さにすると5畳くらいでしょうか。玄関を入ってすぐのところにあって、日当たりも良くなく、窓からの景色はシービューならぬ、「エアコン室外機ビュー」。

短い滞在だと仕事をするのに一番困るのが、まずネット回線なのですが、次に仕事机です。本当に短いステイだと、カフェに行ったり、食事テーブルやカウチで代用しますが、今回は少し長めの2ヶ月ちょっとなので、近所の家具屋で安い机(約4,000円)と、オフィスチェア(2,500円)を調達。幅1mの小さい机なので、モニターとノートMacは、はみ出しています。

デザイン屋という職業柄、画面は大きめでないと仕事がはかどらないので、毛布でグルグル巻にして、スーツケースに突っ込んで持ってきました。東京でも常用しているのは、Dellの25インチモニターで、HDよりも一回り解像度が高い「2515H」。4万円ほどのお手頃プライスで、サイズも小さすぎず大きすぎず、バランスが良いので愛用しています。液晶モニターは、ガラスの板そのものなので、飛行機にチェックインするときはご注意を。

机と部屋、それからコンピュータの画面は、大きいにこしたことは無いのですが、小さいと余計なものは置けないので、逆に集中はしやすいと思いますね。小部屋というのもなんだか落ち着く気分。毎日30℃超えの南国ですが、エアコンもあっという間に効きます。

我が家では「お仕置き部屋」とも呼ばれる、この薄暗い小部屋にとじこもって、お父さんは今日も、気が向いたときに せっせとお仕事なわけですが、日本での生活と根本的に違うのは、仕事が終わったらそこは南の島なわけですから、すぐにプールにでも出かけてリラックス&充電できるというところでしょうか。仕事しながらリゾート滞在している感覚。

人間、充電しないとダメですね。休みをとらずに、ひたすら仕事をするなどというのは、充電しないでスマホを使おうとしているようなもんです。

 

不良妊娠夫婦、極秘で香港へ高飛び。

なぜか香港旅行は、そのたびに、誰にも知らせずお忍びになっている。

前回は、さかのぼること半年前の冬。嫁が妊娠5ヶ月になり、お腹がぽっこり。出産前に海外旅行できるのは、このあたりが限界だろうということになり、まわりに心配させないように極秘で4泊5日。

Expediaのホテル+飛行機セット割を使い、2人前・総額12万円でした。エアラインはキャセイ・パシフィック。

ペナン島と東京でお医者さんに聞いた話では、「妊婦×飛行機」は半分迷信のようなもので、実害よりも、親や周囲が心配するという人間関係の方が問題とのことです。香港は医療事情も良いので、疲れ過ぎないようにとのアドバイス付きで、ドクターのOKをもらい。極秘の隠密旅行へ。

ネット投稿厳禁。ほとんど駆け落ちみたいで萌えです。無事に出産したので、めでたくネタ解禁。

IMG_20160311_182233

飛行機の座席はVIP待遇。一番前の広い3席を使わせもらい、アテンダントさんが何度も水を持ってきたり、様子を見に来てくださり。双子で通常の5ヶ月腹よりも大きかったので心配してくれたのかもしれませんね。

美大時代に4年住んだニューヨークは、そこにいるだけでエネルギーがチャージされる気分になったものです。香港も、小さな島の縁につくられた狭い土地につくられた都市なので、ビルはどれも高く、歩く人々のたくましく活き活きとした表情も、まさにアジア版ニューヨーク。

東京に戻ると、ずいぶん広々とした、田舎の街だなぁと感じます。

DSC00888

DSC00898

IMG_20160314_191857

DSC00907

DSC00914

5万5千円で世界遺産を借りる!?ペナンの街を散歩中に見つけた伝統長屋物件

2週間に一度の頻度で、猛烈に食べに行きたい発作に見舞われる、行きつけのインド料理屋があります。この日は良い天気だったもので、我が家から歩いて1時間の道のりを、運動もかねてランチに出かけました。

ペナン島は世界遺産の伝統的な長屋の街並が有名ですが、島中がそういう雰囲気なわけではありません。一部のエリアだけが保存区域に指定されています。

上陸して家探しをしていた当初は、掘り出し物の長屋物件に住みたいな〜などという妄想もあったのですが、少し街歩きをしたら無理だとわかりました。良かれ悪かれ昔のままで、どこも激しくボロい。世界遺産エリア内の状態が良い物件は、カフェやらおしゃれホテルにするためにどんどん買われていて、ちょっとしたボロタウンハウスでも1億円の値段がつくとか。軽くバブッているようです。おそるべき世界遺産の魔力。

IMG_20141006_130053

さて、腹も鳴り始め、もう10分も歩けばインド料理にありつけるというところで、嫁が立ち止まりました。

「借り手募集、1,600リンギ」と英語で書かれた張り紙を発見したらしい。この長屋(タウンハウス)が5万5千円で貸しに出ているようです。

結婚して良かったことのひとつは、目玉が倍の4つになるということだと思います。本気で。

大手の観光ホテル「Cititel」のすぐ南側で、かなり古そうですが、1,600リンギはかなり安い。なにか致命的な問題でもある物件に違いない!・・・とちょっとチェックしてみることに。

IMG_20141006_130150

玄関から中が覗けたので、ちょっと拝見。

そんなに汚くはないですね。正面もきちんとペンキが塗り替えられているので、比較的手入れはしてある方です。京都の長屋のように、間口は狭いですが、奥行きはけっこう長い。2階も同じ面積がありますし、この広さならオフィス使いも格好いいのではなかろうかと。裏庭的なものもある雰囲気です。

両隣はかなり地元色が強いご家庭の様子。空き物件の前で、隣のおばちゃんが車を洗っていたり、前庭に洗濯物が干しまくってあったり。

こういう古い物件の問題は、台所やトイレが昔のままなことです。水回りは、床を掘り返したり大がかりな工事が必要になるので、比較的安く済む床や壁紙だけの改装で済ませるケースが多いため。これは、日本も含めて全世界共通です。ニューヨークやヨーロッパも築年数100年単位の古い建物が多いですが、配管だけはどうしても変えられないようで、詰まったり溢れたり、大惨事が頻発します。

IMG_20141006_130241

われわれが住処として借りるのも面白いかなと思いましたが、いまのコンドの契約が来年の6月までありますしね・・・。マレーシアでは、賃貸契約に礼金は無いのですが、途中で退去すると敷金を大家に全部持って行かれるという仕組みになっています。契約満了が標準。

シンガポールも、こういう中華スタイルの長屋の街並が残っていますが、あちらさんは、しっかり手入れがされていて、金持ちが住んでいる雰囲気。ペナンも10年もしたら、ああいう雰囲気になるのかもしれません。

観光地のまっただ中なので、カフェでもやろうかとか、airbnbで貸そうか・・・などなど妄想は膨らみますが。今回は妄想だけ楽しんで、あきらめました。

なにせ、腹が減ってますしね。

IMG_20141006_133926

観光客&地元民に人気のRestoran Kapitan。ペナンに着いた夜に偶然入って以来、わたしたちの定番メニューになっているのは、こちら。

しっとりした歯触りのタンドリチキンのセット、それから、バターチキンカレー。飲み物は、マンゴーラッシーと、スパイシーなアイス・マサラティー(チャイにガランマサラを入れたものですかね)。

リトルインディアに来ると、なにやら外国に来ているのだなぁという実感が、いつも沸いてきます。

仕事を抱えて、夢の国『バリ島ランド』。ランチは涙のカップ麺

仕事を丸ごとカバンに突っ込んで、夫婦でバリ島に滞在中です。

マレーシア滞在が3ヶ月に迫ってきたので、短期滞在ビザの更新で、一度国外に出る必要がありまして。まだロングステイビザは持っていないもので。

ゴージャスに遊んでいられるほど金も時間も余裕がないので、朝夕にビーチの散歩などしつつ、おとなしくいつもどおり仕事してます。日本とサンフランシスコのクライアント様の締めきりに追われつつ、嫁と阿部書店(株)の新事業ネタ出し合宿。

IMG_20140918_173052

IMG_20140918_111008

バリ島へ飛んできた理由は、主に飛行機と滞在費の安さ。それから、リラックスして仕事ができること。バンコクも候補の一つでしたが、猥雑だし、最近あまり良い経験が無いので却下。そろそろ40歳なので、落ち着いた場所が好みになってきているのかもしれません。

飛行機が2回事故ったせいで、マレーシア航空が激安でした。ペナン島から、クアラルンプール経由でバリ島への飛行機が往復2.6万円ぽっきり。LCCのエアアジアよりも安い。そのせいかほぼ満席でした。

IMG_20140918_120941

最近はバリ島にもこぎれいなツーリストホテルが沢山建っていて、2人で一泊3,000円以下、朝食ビュッフェ付きなど。10年前は、高級リゾートか激安ゲストハウスの2択状態だったもんですが。(写真:滞在しているレギャンビーチのamarisホテル)

南国のペナン島に住んでいるから、冬の日本から来るのに比べると、感動は薄れます。贅沢な話ですが、まあ、そりゃそうか。

物価の安さに関しては、少し想定外の事態。ここ数年で、観光客が押し寄せているようで、レストランなどの物価がかなり上がっている様子。変わらないのは、足マッサージ1時間500円と、タクシー代。予算オーバーなので、お恥ずかしながら、昼飯はコンビニでカップ麺。

ところで、入国審査の行列で1時間半待たされ、冒頭から疲労困憊。驚きました。しかも9割が西洋の方々。飛行機が同時にたくさん到着してパンクしたのか?それともいつもこんなふうか?

IMG_20140917_155420

そして、入国には観光ビザ代、35ドル(約3,800円)。

入場料と大行列。どこかでこういうの、やったなぁと思ったら、あれだ、あれ。

『バリ島ランド』と命名します。

面接で出かけたオランダで、昔手伝ったオペラの再演を偶然知る。石岡瑛子さんと作った衣装デザイン

この冬に、アムステルダムへ面接で出かけました。

オランダのビジネスマンのおっさん達に混じって、ホテルのビュッフェ朝食であれこれ珍しいハムやらソーセージやらを食し、部屋に戻る途中、ロビーで国立オペラ座の公演カタログを発見。なにか面白い演目でもやっていたら観に行こうかと思い、一部拾ってみました。

部屋に戻って、ページをめくっていたら、見慣れた写真が出てきて驚いた。

IMG_5288

なんと、学生時代に手伝ったオペラが、2月から再演すると書いてある。

石岡瑛子さんの助手をやっていたときに、衣装の一部のデザインをつくらせてもらった、ワーグナーの大作オペラ「ニーベルングの指輪」。あれを手伝ったのは、もう20年近く前のことです。

4部構成、つまりフルレンクスのオペラ×4本で、舞台美術も超前衛的だったし、石岡さんに衣装デザインを依頼するくらいだから大金がかかった公演だと聞いていました。あれ以来、ずっと衣装と舞台装置を保管していたということでしょうか?さすが国立劇場。郊外に大倉庫でもあるに違いない。何度も再演できるすごい作品をつくれば、大金をかける価値もあるという判断だったのかもしれません。

helmet06 (1)

ドクロの形をしたヘルメット。石岡さんのディレクションで、デザインとドローイングは私。鉛筆と木炭。消しゴムも画材のように使って、要所ハイライト部分を白く。当時工業デザインを勉強していたので、「ヘルメットのデザインやってみる?」と、頼まれました。上の青い舞台写真でかぶっているやつ。

monster-sketch01 (1)

こちらは巨大な怪獣のデザイン画。おなじくわたしの絵。ペンとマーカーと色鉛筆、修正用ホワイトでハイライト付け。ええ、オペラの舞台装置です、SFホラー映画ではありません。工業デザインチックな描き方ですね…。

_DSC6528

今年の旅で泊まったホテルが、ちょうど運河をはさんでオペラ座(写真)の反対側でした。劇場は当時の姿のまま・・・だと思うのですが、なにせ若い頃だったので興奮していて記憶が定かでない。

今回は用事を済ませるだけの短いオランダ滞在だったので、再演を観ることはできませんでしたが、石岡さんに招待されて、初演を観にニューヨークから飛んできた数日を思い出しました。

ぶっとんだ学生時代でした。

夜のシンガポール発、マレーシア・ペナン島に上陸。家探し編序章

数日滞在していたシンガポールのチャンギ空港から、夜19:40発のJetStar便に乗り、ペナン島へ飛んだ。

およそ1時間半の短い空の旅。シンガポールは、マレーシアの先端にくっついている小国なので、国内線のような感覚だ。時差も無い。

IMG_20140623_163651

東南アジアは、LCC(格安エアライン)の巨人たちが肩を並べる地球の一角なので、いろいろな安いチケットの選択肢があるものの、AirAsiaのシンガポール発ペナン行きよりも多少安かったので、JetStarで飛ぶことにした。

ジェットスターはオーストラリアのカンタス航空系で、格安エアラインの割にデザインのセンスがそこそこ良く、自分好み。エアアジアの方は、内装やら制服やらの色合いとデザインが、言うなれば錦糸町のチープなキャバクラといった風情。微妙な差ではあるものの、選べるならJetStarの方がいいなあ・・・と、このフライトで想いを新たにす。

IMG_20140623_191700

IMG_20140623_191654

ペナン国際空港から、空港公式の定額制タクシーでホテルに向かった。空港はペナン島の南端にあり、中心部の北側へは高速道路を走って30分ほどの移動。

窓の外を流れていく夜の景色は、どこの国でも共通の、空港からの高速道路の眺めで、地元の人が住んでいるであろう質素な風貌のマンションや、シャッターの閉まった店、暗いオフィスビル、そして大きな看板が、街灯とともに流れていく。

途中、ハードディスクで有名なWestern Digitalの工場が眼に入った。あとで聞いたところによれば、ペナン州は税制優遇で海外企業をたくさん誘致していて、日本をはじめとする世界各地の工場があるそうだ。昔ほどではないと聞くが、いまでも日本の駐在員がたくさん住んでおられるのはこれが理由。

道中、タクシーの窓から左右の光景を、嫁としげしげ観察。大きなスーパーやら、コンドが見える度に、このへんはどうかね?と話は絶えない。空港からの道すがらは、地元色が強く、外人向けのリゾート感は無い。致命的なのは、本土との橋もかかるこのあたりの島の東側は、どう見ても車での生活が前提な雰囲気であることだった。私たちは車を買う気は無いので、歩いて生活できる場所が条件なのだ。

明日から始める住む家探しでは、島の北側を中心に歩いてみるのが良さそう。東側が、事前に調べて、家賃が安かったのは、地元の人向けのエリアだったからのようだ。

IMG_20140624_201310 (1)

ずっと続いたロマンティックではない郊外の景色が終わり、急に、歴史感ある低層の建物ばかりが建つエリアにタクシーがさしかかった。2008年にユネスコ世界文化遺産に指定されてた歴史地区だ。

夜で人影がほとんどなく、開いている店はほとんど無い。もっと観光地化している賑やかな場所かと想像していたが、思ったより地に足のついた静かな街のようだ。頭を「不便」という二文字が横切る。

アジア圏に強いAgoda.comで予約してあったツーリストクラスの「Armenian Street Heritage Hotel」 は、世界遺産エリアに建つ比較的新しいホテル。ペナン島の地理に詳しくなかったので、このあたりが中心部かと思って選んだものの、翌日には、世界遺産エリアは古い下町で、地元の人が住む一般的エリアでは無いことが判明する。

なぜにホテルの名前に、東ヨーロッパ・アルメニア共和国の言葉がついているのかと不思議に思ったが、アルメニア人の歴史的人物にちなんだ名前の通りが近いからだという。

この島は、ある種、香港のような歴史をもつところで、何百年もの間、インド・中国・マレー・日本・ヨーロッパなど、様々な国の商人が住む貿易拠点だった。その多様性は、現代にも引き継がれていて、マレーシアの中でも特に、いろんな民族が住んでいる場所。この島に外人が住みやすい背景には、そういう長い歴史があり、いまでは日本や西洋の国々から移住する人が増えているから、自分が外人だという意識はさらに薄れる。ニューヨークに4年住んだことがある自分には、この溶け込める感は、ことのほか嬉しい。

IMG_20140623_230719 (1)チャンギ空港で軽い夕食を食べただけなので、さすがに腹が減った。午前中にホテルをチェックアウトしてから、炎天下のシンガポール植物園を歩きまわって汗だくだったが、街があまりにも静かなのでシャワーも浴びず、レストラン危機を感じて二人してホテルを出た。

まだ夜10時だというのに人影がほとんど無く、静まりかえっている。世界遺産に指定された絡みで、営業時間の規制でもあるのだろうか?遅くまでやっていそうなカフェを調べてから出てきたものの、マレーシアのSIMチップをまだ買っていないのでスマホの地図が使えない。南に向かっていたつもりが、15分ほど歩いてから、真逆に歩いていたことに気付く。方向感覚が抜群だという自負があると、こういうときに深みにはまる。

たどり着いた場所は、インド人街だった。シンガポールでも宿が安かったリトルインディアに泊まったので、インドに縁があるようだ。夜おそくはインド人以外働いてないのか、このあたりは?

大きなオープンレストランなのでファンによる空冷。夜なのでさほど暑くはない。あっという間に出てきた飯は、期待以上に美味かった。妥協して入った店だったが、後日、TripAdvisorの人気店「Restoran Kapitan」だと知る。タンドリチキンのプレートセットと、バターチキンカレー、ナン、ラッシー2種。これで約700円。安い。タンドリチキンは、自分が日本で食べていたパサついたものとは雲泥の差で、もちもちしっとりした食感。いつも私よりも腹が減るのが早い嫁は、幸せそうにラッシーをチューチュー吸っている。

_DSC7421

翌朝。モスクのスピーカーから大音量で聞こえてくる、祈りの声で眼がさめた。

マレーシアは日が昇る時間が遅くて、時間の感覚が狂う。窓を開けると外はまだ暗い。再びベッドに転がり込んで天井を見上げると、謎の矢印が眼に入った。お祈りのための、メッカの方角だろうか。そう、この国は、われわれ日本人にはなじみの無い、イスラム教の国なのだ。

今日からの家探しの条件リストに、「モスクが近くにないこと」を書き足した。

フリーの仕事人ならとっととマレーシアに移住せよ!ペナン島のファーストインプレッション

仕事と生活の拠点として、マレーシアのペナン島に家を長期契約しました。

予想以上に快適な生活なので、もっと早く移住すりゃよかった!とさえ思っていますが、その背景にある理由の全体像をざっくりご紹介。

わたしは人並み以上に、世界あちこちに住んだり旅したりしてきましたので、その経験から各地と比較した感想です。ただし住み心地なんぞは、人それぞれの境遇や好みによります。わたしの状況は次のようなものであることを念頭にお読みください。

  • 40歳手前の自営業現役。主にデザイン仕事や自前事業の準備中
  • 長いつきあいで気が知れたクライアント様が日本に複数いる
  • 仕事は場所に限定されずネットと電話で完結
  • 夫婦両方とも英語を話せて、海外長期居住経験もあり
  • 事業苦戦中につき、収入はお恥ずかしいレベル
  • 仕事がはかどることが最優先

退職して移り住む日本の老夫婦も多い島ですので、最近はテレビにもよくマレーシアは紹介されますが、中年で仕事バリバリの最中で移住というのは少ないので、ご参考になればと。リタイヤ組だけに遊ばせておくにはもったいない!

プロに重要な「精神状態のメンテ」がしやすい南国

IMG_20140701_174622

神経をすり減らす仕事を毎日やっているプロには、メンタルの管理が極めて重要です。南国に住むことにした理由の中で、最も大きなものがこれ。

これは、キマジメに働く日本人には特に肝で、ストレスや働き過ぎによる病気やら体調不良で痛い眼にあった人なら分かっていることではないでしょうか。フリーランスの人で、精神的にぶっ壊れた人が、私のまわりにはうじゃうじゃいます。私も過去にいろいろ苦労しましたので、人一倍この要素に気を遣っています。

南国が良い理屈としては、赤道に近い場所に住んでいる人ほど、自然にハッピーになるのだそうです。これは科学的に実証されていて、眼から強い光が入ってきている間だけ幸福物質の筆頭「セロトニン」が体内で作られるため、日照時間の長さが鍵になります。

暗くなると、そのセロトニンが、夜眠くなる物質「メラトニン」に変化するので、熟睡できるようにもなります。

脳科学的には、日照時間が少ないと幸せ物質が減ってストレスが増え、脳が神経質で過敏な状態になります。このストレスは悪いことばかりではなく、集中力が増したり、細かい部分に眼が行くようになるようなので、北国の先進国の人々が良く働き、すぐれた製品やデザインを多く作っているのも、これが理由ではないかと私は考えています。

反対に、太陽の降り注ぐ南国でリラックスした状態だと、幸せ物質が出まくってハッピーになるものの、集中力は落ち、細かいことがどうでもよくなりストレスは減ります。どっちもどっちということですが、日本人は神経質な人が多いので、南国にたまに来てバケーションした方が良いのではないかと。

わたしの場合は、子供の頃から過剰に神経質で良い仕事はするものの、時により過敏すぎてストレスでダウンするということを何度もやりました。ですので、南国に移り住んですこし角を取るくらいでちょうど良いのではないかという試みです。

いまのところ、意図した通りになって、仕事もはかどっているので、しめしめという感じ。

天気も猛烈に暑くは無く、南国なので冷房設備は万全。我が家は、床がすべてヒンヤリしたタイル張りで、3LDKの全部屋にエアコンと天井ファンが完備。高層コンドの16階で風通しがよく、エアコンはたまにしかオンにしません。敷地内に大きなプールもあり、たまに運動がてら涼みに行っています。

東京だと眠りが浅い同じく繊細なうちの嫁は、日照時間効果のほか、夕方プールで泳いだりしていることもあり、寝付きがかなり良くなってきた様子。

隣のショッピングモールに、最先端設備のスポーツジムがあり、月4,000円程度(日本の半分以下)なので、そのうち契約するかもしれません。ちかく、涼しい時間帯に海辺のジョグも始める予定。

素敵な家が安く簡単に借りられる

IMG_20140702_0926583LDK、バスルーム2つ、80平米、家具付き、高層コンドミニアムの16階(要するにマンション)、改装したて・・・を借りました。

海にほど近いPersiaran Gerney通りの金持ちエリアです。海から少し入ったところにあり、築年数も古いため、掘り出し物の部類ですが、これで月7万円

日本人は綺麗に住んでくれると評判らしく、見学時に顔をあわせただけで貸してくれました。現地人だとちょっとした審査はあるようですが、外人は基本的に対面チェック+パスポートだけというシンプルさ。日本だとフリーランスの仕事人は審査で却下されることも多いので、まさにうってつけです。高い物件は外人でないと借りないという背景もありそうな気がします。物件の数も豊富です。

日本との違いは、契約期間の途中で出ていくと、敷金2ヶ月(家具付きの場合)+光熱費半月分の敷金は戻ってこないということ。1年以下の短期契約だと物件数も少なく、家賃も高くなります。礼金は無く、業者へ払う仲介料はペナン島の場合は家賃の半月分(マレーシアの他の場所では大家だけが1ヶ月負担なので、借り主は不要)。

家だけで生活が成り立つわけではないので、家賃が安くて広いだけなら、日本の田舎という選択肢もありだとは思いますが、生活のしやすさや楽しさを考えると、われわれはペナン島を選びます。

滞在ビザの自由度が高い

いくら住みやすくても、例えばアメリカのようにビザ発給の厳しい国には長期に渡って住むのは難しいのが現実。現地で働かない日本人ならば、マレーシアに90日間のビザ無し滞在が可能です。

しかも、英語で言う「Visa Run」=出たり入ったりして90日を何度も延長していく方法が通用するようです。LCCが近隣諸国まで安いコストで飛んでいますし、どのみち3ヶ月に1回くらいは日本に帰る用事もあるのではないでしょうか。少しコツはいるようなので、自己責任でどうぞ。

完全にこちらに拠点を移さず、年間の半分を日本と行ったり来たりするようなダブル拠点生活ならば余裕のビザ条件です。家賃も安いので、少し安いところを選べば借りっぱなしにすることも可能なレベル。

数年以上住もうとするなら、退職者用のビザ「MM2H」を取得するのがベストです。われわれも、最初はビザ無し滞在で生活して、将来はMM2Hのゲットも想定中。

物価が安く、日本では不可能な金持ち生活が可能

同じ額のお金を稼いでいても、物価の安い国に住んだ方が、使い出があるというもの。

わたしの個人的な観察では、現地人物価は日本の1/3くらいです。ただし、この物価で生活するには現地の低所得者のような家や食生活をする必要があります。日本と違って東南アジアの国は貧富の差が激しいので、生活の内容に大きく左右されます。

日本人だと、現実的には金持ち寄りの快適な生活をしながら仕事をする感じになると思いますので、日本の数割引きという感覚でしょうか。日本と同じ生活費で、金持ち感覚の生活ができると考えると良いと思います。ただ節約しようとするといろいろ制約が出てきます。

ペナン島もクアラルンプールも、車を持っていることを前提とした郊外型のエリアが多いので、車の費用がかかることもあります。わたしたちは、徒歩で生活できる便利なエリアの安め物件を借りました。

日本と比較しての物価は、ものによって高かったり安かったり様々で、遙かに安いものとしては、家、肉、光熱費、外食、公共交通機関。高いものは、車(外車の関税が100%)、アルコール類。日本と同じレベルのものは、カフェ代、食材の大部分、ネット接続など。総じて数割安い感覚です。

マレーシアはイスラム国家で建前上はアルコールNGなので、酒税が極めて高く、酒が日本以上に高価なのが難あり。これは、往々にしてストレスが多くて酒を飲み過ぎる日本のプロ軍団には、好条件とも考えられます。わたしはすでに南国効果で精神状態が良くなってきたような気がしており、酒の量が減る傾向にあります。夕食時には屋台で美味しい絞りたてジュースを飲んでご機嫌。自営業は体が資本ですのでね。

飯が美味くて安い

IMG_20140701_202612

「ホーカー」と呼ばれる屋台街が街のあちこちにあり、人気で、すこし小ぶりな料理をひと皿5リンギ(約150円)で数皿と100円程度のドリンクを頼めば、2人で外食完了。

ただし、東京のようにハイレベルなグルメレストランはあまりありませんし、あっても高い。レストランにしても、コストパフォーマンスが高い素朴な料理のところが安いとお考えください。現地の人の多くは、自炊せずに安い外食で済ませる人も多いとか。

現地の飯が美味いかどうかは、考えや味覚が柔軟な人であるかどうか次第。日本食を毎日食べないと死ぬ、という頭が堅い人は厳しいでしょう。そういう方は、ペナン島でもヨーロッパでも無理かと。知り合いの親族で、食べ物が合わなくて数年で帰国した夫婦がいると聞きました。

とはいえ、ペナン島は日本人が5,000人ほど住んでいる島ですので、地元スーパーでも基本的な和食材は揃いますし、そこそこ高いレベルの和食レストランもありますので、困ることはありません。

ネット接続が充実

プリペイドの携帯LTE回線が十分速いですし、ブロードバンド回線もADSLから光ファイバーまで充実(ただし会社によっては安定度にかける模様)。

金額は日本と同じ~少し高い程度の水準。どの選択肢も外人がパスポートだけで契約可能です。日本のクライアントと海を越えて仕事をする場合、ネットの安定性とスピードの両方が重要になりますが、マレーシアは十分クリアしています。

刺激の少ないシンプルな生活で仕事に集中

IMG_20140704_182203南国は刺激が少ないので、都会型のエンタテイメントを求める人は、1ヶ月もいればすぐ飽きること必至です。

ただ、これは日本と同じ生活スタイルを求めた場合であって、私たちの場合は、派手な生活は若い時にさんざんやってしまったこともあり、シンプルな生活になって、むしろほっとしている感じ。

日本にいる間はあまり意識しませんでしたが、東京は豊富な物や、美味しいレストランなど、刺激的な選択肢が多すぎて疲れていたかもしれないなぁとも思います。

いまのところ、安くて楽しい屋台街に夕食を食べに行ったり、仕事終わりにコンドのプールに泳ぎにいったり、それだけで充実した毎日が過ぎていきます。

精神状態が良いからか、あまり刺激的なものが必要なくなる感じとでも言いましょうか。年齢的なことも背景にあるかと思いますが・・・。ネットを見たり、電子書籍や映画を買ったりは世界のどこからでもできますしね。

家電や電子機器の選択肢も日本よりも少なく、Amazonもありませんが、仕事のための基本的機材は、地元で手に入りやすいものから選べば特に問題なさそうです。服も、ユニクロやH&Mがあるので、日本にいるのと大差ありません。これで、無印良品がペナン島に出店したら、わたしたちにはほぼ日本と同じような生活になりそう(クアラルンプールにはあります)。日本からそのまま持ってきたようなダイソーの大きな店舗もあり。

外人フレンドリーな街、ペナン

IMG_20140701_093801

なにより、英語がどこに行っても十分通じるのがありがたいところです。不動産の契約書類も全部英語だったので助かりました(写真:大家さんと契約中)。

これは長い間いろんな民族が住んでいることと、イギリス統治時代の影響で英語で教育が行われていた時代が長いことによるものと聞きます。もともと、香港のような貿易の島として栄えた古い歴史があるため、中国系、インド系、マレー系など、さまざまな文化の人々が住んでいてごちゃ混ぜのため、日本人だから目立つという感じがほとんどありません

世界各国の退職組が多数住んでいて、国際的企業の工場も多くあり、外人だらけなので、地元のレストランや店、そして大家さん達も、外人が来る事を前提にしています。

仕事のアイデアも、さまざまな文化が混ざっている多様性のある場所の方が生まれやすい。ビジネス的にも、中国とインドの文化圏なので、将来世界を牛耳ると言われているこの二大文化の近くに身を置くのも良いかと思っています。

くわえて、地味に大切なのが、南の国の人は穏やかで陽気なこと。これも住みやすい理由のひとつではないでしょうか。日本のような先進国の北国は(私たちも含め)神経質な人が多いので、ちと疲れます。

飛行機の路線がそこそこ充実

ペナン島は、タイやシンガポールへの直行便がありますし、日本へは、香港・クアラルンプール・シンガポール・バンコクを経由して往復5万円代からのチケットがあります。直行便が無いことが玄人好みな感じでもありますね。

このあたりの国々は、LCC(低価格の航空会社)が充実していて、特にマレーシアの首都クアラルンプールはエアアジアの本拠地。ペナンから安い国内線でそこまで飛べば、その先は日本を含む各地に格安で飛べます。ペナンからは長距離国際バスでシンガポールやタイへ行けるほか、リゾートのランカウイ島やタイへフェリーも出ています。

裕福な国なので平和で安全、女性も安心

マレーシアは東南アジアの中では収入レベルが非常に高い国で、そのせいか、怪しい連中が街にほとんどいません。良心的な物乞いのおじいちゃんがたまに屋台街にいる程度。危ないめにあったこともゼロです。

男だけなら、バンコクでもバリ島でもセブ島でも問題ありませんが、嫁同伴での移住となると、女性ひとりで夜歩いても大丈夫かというと、自分がいろいろ危ない眼にあっているだけに、あのへんの後進国はやはり厳しい。

マレーシアだと、少なくともクアラルンプールやペナン島のような都会はとても安全です。

総論:非常にバランス感覚が良く、生活しやすい国

_DSC7506 (1)

さて、この国は、あらゆる要素が最高点の国ではありません。その点はご注意ください。

しかしながら、マレーシアの中でも、第二の都市であるペナン島は、長期にわたって住むための条件を、かなりの高いバランスでクリアしています。多くの要素がAクラス、ほぼすべての条件で平均点以上をクリアしている場所というのは、世界すべてを見回しても他に例がありません。特に物価と生活水準のバランス感覚において。

それで、自然に、ペナン島に住むことになりました。

例えば、タイやフィリピン、バリ島は物価はマレーシアよりもさらに安いですが、生活水準は遙かに低いので街は汚く、怪しい連中も多いですし、ネットもまだ不安定。仕事がはかどることを優先すると候補から外れます。1ヶ月程度の短期滞在なら我慢できるレベルですが、数年を前提とした生活の安定感重視の現役移住には、バランスが悪いと言わざるを得ません。

マレーシアの首都クアラルンプールも、住む前提で2度訪れましたが、そこは大都会。現地で仕事を見つけるには良さそうですが、元々東京に長く住んでいた私たちには、気分転換にならなさそうでした。生活の便は良さそうですが、海が無いので南国感に欠けるのも残念。

生活水準や文化レベルが高い国というと、マレーシアの金持ち版とも言えるシンガポールがありますが、あそこは東京23区サイズの土地に、金持ちを詰め込んだような街で、財布が瞬時にパンクします。現地で就職して、シンガポール水準の給料をもらわない限りは、長期滞在は難しいでしょう。欧米の先進国も住みやすいですが、ビザや物価の関係で気軽な移住は不可能。

以上、取り急ぎ、ペナン島移住のファーストインプレッションでした。細かいネタは、今後長い滞在の中で書いていくことにしますので、ツイッター @yoshiabe での実況と併せてお楽しみください。